DEVICES FOR BRIDGES

スプリング拘束型鉛プラグ入高減衰積層ゴム支承 (SPR-S)

製品特性

免・制震機能 既設橋梁対策 NETIS
耐震機能 標準化 建設技術審査証明  

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

川金コアテックオリジナルのスプリング拘束型鉛プラグ入高減衰積層ゴム支承(SPR-S)は、従来のスプリング拘束型積層ゴム支承(SPR)に高減衰系ゴムを用いて減衰性能をさらに向上させた、最新型のコンパクトな免震支承です。
高い設計自由度や、スプリングで拘束された鉛プラグの効果による安定した性能などの特長に加え、高減衰系ゴムによる優れた減衰性能を発揮します。コンクリート橋・鋼橋ともに適用し、新設橋梁はもとより、既設橋梁の支承交換にも適しています。スプリング拘束型鉛プラグ入高減衰積層ゴム支承(SPR-S)は、数々の性能実験により、優れた効果と確実な品質を保証します。

スプリング拘束型鉛プラグ入高減衰積層ゴム支承 (SPR-S) 画像
特長

スプリング拘束型鉛プラグ入高減衰積層ゴム支承(SPR-S)の特長

1.遊間の縮小
スプリング拘束型積層ゴム支承(SPR)に比べ高い減衰性能を有するため、地震時の応答変位が小さくなり、遊間の縮小が図られます。これにより伸縮装置の規模が小さくなり、コスト縮減の効果が期待できます。

2.下部工断面のスリム化
地震時の応答変位の減少により、支承サイズのコンパクト化が図れます。これにより、支承縁端距離の確保が有利となり、下部工断面のスリム化およびコストの縮減効果が期待できます。

3.安定した減衰性能と耐久性
鉛プラグ周囲のゴム層に小型スプリングを入れて加硫接着してゴム層を補強し、せん断変形時の力を効率良くプラグに伝える構造を持ちます。プラグの挙動を安定化させたことにより減衰性能と繰り返し荷重に対する耐久性に大変優れています。

ページの先頭へ